シーティング「前額面から観た骨盤と脊柱の反応とは」【vol.159】

シーティング第一章「人の身体のこと」第5回目です。

いよいよ「座位」の話に入ります。
座位時の

頭部と骨盤と脊柱の反応をみていきます。

 

座位でおさえたいのは

骨盤と脊柱の3つの反応です。
次の3つです。
1)前額面から観た反応

2)矢状面から観た反応

3)水平面から観た反応
身体を3つの方向から見てみると
前額面(ぜんがくめん)、

矢状面(しじょうめん)、

そして水平面があります。
これらは、身体の基本面になります。
前額面は→身体を正面から観た時の面

矢状面は→身体を側方から観た時の面

水へ面は→身体を真上から観た時の面、です。

 

今回は、3つの反応のうち、

1)前額面から観た反応、について説明します。

▼頭部の反応
頭部は、脊柱の上で水平を保とうとします。
両眼を結んだ線が

水平になるように反応します。

 

このような反応をする理由は、
・平衡感覚を保つためであり

・位置感覚を正確に捉えるためです。

 

これは余談になりますが、

野球解説者の言葉が忘れられません。

(解説者が誰だったかは忘れました)

 

「バッティングの調子が悪い時は

頭が(両眼を結ぶ線が)傾いているんですよね。

水平にして観ないと

正確に球を捉えることが難しくなるんです。」
だそうです。
話を戻して、

脊柱と骨盤の反応です。

▼脊柱と骨盤の反応
脊柱と骨盤は対で反応します。
骨盤が傾くと脊柱は湾曲(側弯)します。

また、逆もあります。
そもそも傾いている座面に座ると

当然に骨盤に傾きが発生します。
座位は坐骨の2点で体重のほとんどを支えています。
坐骨に高低差が生まれるような状態の座面だと

次の様な反応が起こります。

 

骨盤が左下がりすると脊柱は「く」の字になります。

骨盤が右下がりすると脊柱は逆「く」の字になります。
絵にすると以下の様な感じです。
○←頭部


/    ←脊柱「く」の字

\  /
\/


骨盤左下がり




/ ←脊柱逆「く」の字
\  /
\/


骨盤右下がり

 

実際の脊柱の反応は

なめらかなカーブを描いて湾曲します。
脊柱の上部、頸椎は、

頭部を水平に保つために垂直になろうとします。
なので、脊柱はS字カーブを描いて湾曲します。





\  /
\/


脊柱がS字にカーブしていますよね。

 

脊柱を湾曲させるために収縮する体側の筋肉は

異常なまでに筋緊張を起こします。
この筋緊張が継続することで

拘縮や骨格変形を引き起こすんですね。

▼スリングシートによる骨盤傾きの発生
車いすの座面には

スリングシートと呼ばれる布を張ったものが多いですね。
折りたたむため、が大きな理由です。
一方で

「座る」ための機能としてみた時

スリングシートには大きな欠点があります。
スリングシートに座る時は

シートのセンターに身体のセンターを合わせて座らないと

坐骨の高低差が発生します。
身体のセンターがずれると

骨盤に傾きが発生します。

そして脊柱にはS字湾曲が発生します。

▼脊柱と骨盤が反応する理由
身体がこのような反応を見せる理由は

これまでも説明している通り、

 

身体の全ての反応は
~~~~~~~~~~~~

重心のバランスを保つために起きる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
からです。

 

座位時の身体の重心位置は

第12胸椎の前にあります。
重心のバランスを保つためには

身体を支える坐骨を支点として

脊柱と骨盤が動く反応が起こります。

 

骨盤が水平な時の状態は以下の状態ですね。
○ ←頭部

│ ←脊柱

●←重心




───── ←骨盤

━━━━━ ←支持基底面

 

これが骨盤が傾くとこうなります。↓
○←頭部


●←重心

\  /
\/

━━━━ ←支持基底面
重心が支持基底面から外にはみ出すか

重心が画面左に偏った状態になります。
重心のバランスは良いとは言えませんね。

身体が画面左に倒れてしまいます。
そうならないために

身体は瞬時に反応してこうなります。↓
○←頭部


/ ●←重心

\  /
\/

━━━━ ←支持基底面
途中で脊柱を画面右側に曲げます。

この動きで、カウンターバランスで

重心の位置を

支持基底面の中央付近真上に引き戻します。

▼座位の前額面におけるチェックポイント、3つ。
脊柱がS字に湾曲して

骨盤が傾いている姿勢が

長時間に渡って続くことは好ましくありません。
好ましい状態に補正する必要があります。
骨盤を水平にして

脊柱をまっすぐになる姿勢となるよう

手を打つ必要があります。

 

最後に

前額面のチェックポイントをまとめます。

次の3点です。
1)両眼を結ぶ線が水平か

2)脊柱はまっすぐか、湾曲してないか

3)骨盤は水平か、傾いてないか
座位姿勢を前額面から観る時は

この3点をチェックしましょう。
次回は、

骨盤と脊柱の反応、2)矢状面から観た反応です。

Follow me!