シーティング「好ましくない座位姿勢を作り出す下肢の状態」【vol.172】

シーティングの3要素

第一章「人の身体のこと」第18回目です。
前回の続きで

「好ましくない座位姿勢を作り出す下肢の状態」

について取り上げます。

 

好ましくない座位姿勢を作り出す下肢の状態、

つまり
下肢が骨盤に作用して

骨盤後傾させ脊柱屈曲の反応を生む状態とは
次の様な時です。
1)ひざ頭の位置が骨盤より上にある

2)ひざを伸ばしている

3)がに股

4)内股

5)脚を組んでいる
では、一つずつ見ていきます。

▼1)ひざ頭の位置が骨盤より上にある
これには二つの理由があります。
一つは、

腹部の圧迫を解放しようとして

骨盤を後傾させる反応が見られる場合。
もう一つは、

臀筋群とハムストリングスが

骨盤を後傾させる場合です。

 

腹部の圧迫から説明します。
体育座りすると骨盤が後傾しますね。

これも同じ理由です。
ひざ頭が骨盤より上になると

鼠蹊部(そけいぶ)が圧迫され窮屈になります。

内臓・筋肉は骨盤を後ろに押し

圧迫を解放しようとします。

それで骨盤後傾が起きる。(下図)
ひざ頭     ┃
●       ┃脊柱
\      ┃
\     ┃
\    ┃
\窮屈┃
\  ┃骨盤
\┃
ひざ頭         ┃
●           ┃脊柱
\          ┃
\         ┃
\       /
\  解放 /
\    /骨盤後傾
\/
もう一つの理由

臀筋群とハムストリングスが

骨盤を後傾させる場合を説明します。
臀筋群とハムストリングスは

股関節を伸ばす働きがありましたね。
二つの筋群が「どこ」と「どこ」の骨を

つないでいたか思い出してください。

 

臀筋群は

骨盤の腸骨と大腿骨、または

仙骨と大腿骨をつないでいます。(下図)

 

┃脊柱

骨盤 ______
ひざ頭      \      /┓
●━━━━━━━━ ●/  ┃臀筋群
┃  ↑大腿骨 ┃ \/    ┃
┃         ┗━━━━━┛


 

ハムストリングスは

骨盤の座骨と脛骨・腓骨、または

大腿骨と腓骨をつないでいます。

座骨とひざ頭周辺をつないでいますね。(下図)

 

┃脊柱
┃←
______
↓大腿骨  \      /←骨盤
●━━━━━━━━━●/
┃________\/←坐骨
┃↑ハムストリングス


 

ひざ頭を骨盤より高い位置にすると
ハムストリングスが

座骨を引っ張ります。

また、
股関節屈曲になるので

臀筋群が腸骨と仙骨を引っ張ります。
こうなると

股関節を回転軸にして

骨盤が後傾させられます。(下図)
ひざ頭


┃\
┃  \大腿骨
┃\  \↓
┃  \  \           ┃脊柱
┃   \ \         ┃←
\ \  |\   /
\  |  \/
ハムスト  \  |   \
リングス  ┃\|     \←骨盤
┃  |      \
┃   ̄ ̄ ̄ ̄ ┃
┗━━━━━━┛
↑臀筋群
筋肉の柔軟性が十分にあれば

どんなに坐骨・腸骨・仙骨を引っ張っても

大きな骨盤後傾は起こりません。
筋肉の柔軟性がない時

骨盤後傾が大きく起こります。

▼2)ひざを伸ばしている
ひざ関節を伸ばすと

ハムストリングスが坐骨を引っ張ります。

なので骨盤後傾が起きやすい。(下図)

 

┃\   /←脊柱
↓大腿骨         ┃  \/
───●─────────┃   \
┃                 ┃    \←骨盤
┗━━━━━━━━━━━┗━━━━
↑ハムストリングス   ↑座骨

▼3)がに股
がに股は

股関節の外転と外旋が合わさったものです。
骨盤が後傾する理由は

大腿骨が股関節を上に押す力が作用して

骨盤を後ろに倒そうとするからです。
大腿骨が外転して(外に開いて)

外旋(外側に捻じれる)と

股関節にはまっている大腿骨頭(だいたいこっとう)が

捻られて上を向きます。

そして骨盤の前を持ち上げる力を発生させます。

それで骨盤が後傾しやすくなります。(下図)

 

↓骨盤
──────────
\↑力F      ↑/
●   /\  ●←股関節
/ \/   \/ \
(↑股関節が外転・外旋の状態)
股関節と坐骨の位置関係をモデル図に示すと

こうなります。

┏━━━━┓
←┃      ┃
┃      ┃
┃      ┃
後┃ 股関節 ┃前
┃   ●  ┃
┃   ↑  ┃
┃   力F ┃
┗━●━━┛
座骨

(↑骨盤を真横から見た図)
股関節の外転・外旋によって生じた

骨盤を浮かす力Fは

座骨を支点にして骨盤を後傾させようと働きます。

▼4)内股
内股は、

股関節の内転と内旋が合わさったものです。
内股が骨盤後傾しやすいのは

座位になった時に

鼠蹊部の圧迫が強くなり

骨盤の前傾がしにくくなる

骨盤が後ろに押されて倒れやすい。
これが大きく影響しているように思います。

▼5)脚を組んでいる
これは1)と3)の組み合わせです。

Follow me!