体位変換サイクルで仰臥位だけ多くないか?【vol.095】

介護の仕事をしてるとか、

自宅で家族の介護をしてるとか

あなたが体位変換を介助する立場の人だとして

どんな体位変換サイクルをしていますか?

サイクルって言うのは

体位を変える順番のこと。

▼こんなサイクルしてない?

例えば、

仰臥位の次は右側臥位にして

2時間経ったら今度はまた仰臥位にして

2時間経ったら今度は左側臥位にして、と

仰臥位⇒右側臥位⇒仰臥位⇒左側臥位
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを1サイクルにして、

また仰臥位に戻っての繰り返し。

このサイクルで体位変換をしてないでしょうか?

実は、このサイクルがまずいんです。

何がまずいかと言うと

体位に偏りがあるんですね、これだと。

▼仰臥位は側臥位の2倍になってる!

さっきの1サイクルの中に仰臥位は何回ありました?

2回ですよね。

1サイクル中の各体位の割合は

仰臥位50%

右側臥位25%

左側臥位25%

仰臥位は全体の半分を占めてますね。

右側臥位、左側臥位の2倍です。

仰臥位の時間が側臥位の2倍になってるんです。

仰臥位は側臥位と比べ

2倍、抗重力筋の緊張が起きていることになります。

あの独特の拘縮の姿勢の背景には

背部の抗重力筋の筋緊張の時間が長い

ことがあるのでは?

仰臥位、右側臥位、左側臥位、腹臥位と

臥位にはこの4つありますよね。

本当なら腹臥位も体位変換サイクルに入れたほうが

前後左右が均等になって良いんだと思いますが、

介護の場合、腹臥位にはほとんどしない。

嘔吐や窒息の危険がありますからね。

付きっ切りで見守りしてる余裕もないし^^

通常は腹臥位を除く3体位

仰臥位、右側臥位、左側臥位で

体位変換サイクルを回してますね。

だとしたら

出来るだけ3つの割合が均等になるように

順番を決めたほうが良い。

3分の1ずつになるように。

▼体位変換サイクルをどう変えればいい?

すると、どんな順番になるか

考えてみてください^^

既に実践している方もいるかもしれませんね。

仰臥位から始まり、次に右側臥位

その次は?

左側臥位ですね。

腹臥位が飛んじゃうから仕方ない(笑)

そして仰臥位に戻ります。

仰臥位⇒右側臥位⇒左側臥位、のサイクル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを1サイクルにします。

みんな3分の1ずつですよね^^

▼こんなんで拘縮予防に効果あるの?

今、こんな声が聞こえましたよ(笑)

全く効果の見られない方も勿論います。

エビデンスもありません。

が、

体位変換サイクルを変えたら

拘縮が緩和されたという事例がある、ということです。

私も話で聴いただけなので

ぼやけた表現になりすみません。

今の体位変換サイクルを

仰臥位の割合が多いサイクルでしてるなら

試してみる価値はあると思います。

逆に試してみた結果を私に教えてください^^

考えてみれば、立位でもそうですよね。

カバンをいつも同じ左手で持ってると

身体が右に傾く癖が付きます。

結果、骨盤が傾いて骨格が変わりますね。

ある特定の姿勢でいる時間が多いのは

体のバランスを崩すのだと思います。

拘縮を少しでも何とかしたいと思っているなら

試してみてから判断してはどうでしょう^^

▼ポジショニングにも注意して

体位変換サイクルを変える他に

良いポジショニングが出来てるか、

注意を払ってくださいね。

サイクルを変えても

ポジショニングが悪いければ意味ありません。

安心して体を預けられる

心地よいポジショニングができてないと

結局、筋緊張を高めてしまうことになります。

体位変換サイクルとポジショニングを

ちゃんとすることで

拘縮が緩和されたり、予防できるわけです。

ポジショニングの基本は

体の捻じれ、傾きがないように

姿勢を整えることでしたね。

特に側臥位の姿勢は

(90度側臥位を前提にしています)

直立不動のような姿勢よりも

お腹の中の赤ちゃんのような格好

身体を丸めた姿勢のほうが良いようです。

両脚は、開かず、揃えてね^^

Follow me!