仰臥位の時間が多いと起こる拘縮【vol.094】

 

仰臥位の時間が長い方に多い
典型的な拘縮パターンを挙げますと、

・頚部が後屈する

・両腕が後方に引かれる

・股関節が屈曲する

・膝関節が屈曲する

・足首が伸びる

 

などがあります。

仰臥位だからこうなる
そのようなエビデンスはありません。

 

ただ、
傾向が強いことは確かなようです。

なんで仰臥位の時間が多いと

このような拘縮が多く見られるのか…

▼その理由が抗重筋の緊張。

仰臥位だと

背中側の筋緊張がずっと続きます。

筋緊張が続くと

筋肉がスムーズに動かなくなることがある

引っかかったようにぎこちない動きになる

当然、関節の動きもぎこちなくなりますね。

寝たきりの方はこれに

筋肉の委縮や短縮が伴いますから

筋肉は動かなくなる上に

やせ細ってきて、柔軟性を失い、縮んできます。

▼筋肉がこうなれば関節は曲げられます。

曲げられたままとなり伸ばせなくなります。

これ、拘縮ですね。

首の後ろの筋肉がそうなれば

頸椎は後方にのけ反って後屈します。

太もも裏のハムストリングがそうなれば

膝関節は曲げられます。

膝関節が曲がると

股関節も曲がらざるを得なくなります。

ふくらはぎが縮めば足首は伸びます。

(別の理由に、掛布団の重みもありますが^^)

腕が後方に引かれるのは

背中側の一部の筋肉が

上腕の肩関節に近い位置につながっているから。

肘が曲がるのは

上腕が後方に引かれることで一緒に起こる

協調運動によりますね。

▼拘縮パターンは人為的に発生しているといえないか…。

このように原因と結果を関係付けていくと

拘縮のパターンは人為的である

寝かせ方一つで変わる

と言えないでしょうか。

オムツ交換の時、

普段は股関節が開きにくい方なのに

日によって拘縮が緩んで開く方がいませんか?

日によって上肢の開きが緩む方はいませんか?

こんな時はどんな姿勢で寝ていたかを観察して見ましょう。

昨晩はどんな姿勢で寝ていたのだろう。

どんなポジショニングをしていたのだろう。

クッションの当て方、当てる位置

体位変換のサイクルはどうしていた

いつもと同じだったか?

何か違いはなかったか…。

何かがいつもと違ったために

筋緊張が緩むような姿勢でいられた

リラックスして寝ることができていた

一時でも拘縮が緩んだ理由が

以外とこんなところに理由があったりします。

▼次回は拘縮がらみで「体位変換のサイクル」について

あなたの施設では、

どんな体位変換のサイクルをしていますか?

○○○の時間だけが多くないですか?

「体位変換のサイクル、○○○が多くない?」

でお送りします。

Follow me!